注册(右键在新窗口打开) 登录
轻之国度 返回首页

too-noy的个人空间 https://www.lightnovel.cn/?319402 [收藏] [复制] [分享] [RSS]

统计信息

已有 1515 人来访过

    现在还没有相册

    现在还没有记录

  • 生日1994 年 6 月 1 日
  • 学历专科
  • 血型O

查看全部个人资料

    现在还没有动态

现在还没有日志

你需要登录后才可以留言 登录 | 注册(右键在新窗口打开)


too-noy 2016-7-31 11:21
 私の名前はアン・シェリーという。辺境の田舎いなかの男爵家に生まれ、十五歳の年にクラエス公爵家に行儀見習いとして仕えることになった。  そうして私は、クラエス公爵家で一人娘、カタリナ・クラエス様つきのメイドとなった。 初めて会ったカタリナ様は、顔はそれなりに可愛らしいのだが、少し吊り上がった目が勝気な印象を与える少女だった。 カタリナ様は、典型的な甘やかされて育った貴族のご令嬢であり、だいぶ高慢で我わが儘ままな性格であった。 そんな、カタリナ様に仕えて数か月たったある日のこと、お城の庭を散歩中 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:15
ず、主あるじに合わせ、主の望むモノとなれるように……。 そうして仕えていればカタリナ様も機嫌をよくし、日々は問題なく過ぎていった。 元々、そうやって生きてきたのだ。ただ仕える主が変わっただけだ。私はここで新たな道具になればいいのだ。 しかし……岩に頭をぶつけ寝込んでからカタリナ様は変わってしまった。 高慢さはなくなり、我儘も言わなくなった。前のように賞賛の言葉を望むこともなくなった。 木に登り、畑を耕すあまりに規格外のご令嬢。 どうやったら気に入られるのか、どうやって合わせればいいのかまったくわ ... ...
too-noy 2016-7-31 11:15
第五章  最終イベントがやってきた ついに……ついに、この時がやってきてしまった。 現在の二年生である先輩たちの卒業式を明日に控えた夜、私は一人寮の自室で拳こぶしを握りしめていた。 そうついにやってきてしまったのだ。乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』の最終イベントである卒業式が……。 平民の主人公が貴族ばかりが集つどう、魔法学園に入学して一年間、魔法の勉強をしながら、生徒会メンバーの先輩や同級生と恋をするこのゲームは、先輩たちの卒業と共にゲーム終了となる。 卒業式、主人公は攻略対象の誰か、 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:14
を浮かべているが、どうやらマリアはそのことに気がついていないらしい。 この平民であり光の保持者でもあるマリア・キャンベルという少女は、とてもしっかりしたところもあるが少し抜けたところもあるのだ。 そのためか、その行動もカタリナほどではないが突拍子もない時がある。 もし、カタリナに出会っていなかったら自分の性格上、だいぶ興味を持ったかもしれない存在であり、今もその努力家なところや何事にも一生懸命なところには、非常に好感が持てると思っている。しかし……。「ああ、そうでしたわ。カタリナ様。今日もカタリ ... ...
too-noy 2016-7-31 11:13
イラストレーション ◆ ひだかなみ 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…2 第一章 魔法学園の入学が迫る 私は、カタリナ・クラエス、公こう爵しゃく家けの令嬢である。 八歳の春に石に頭をぶつけた拍子に前世の記憶を思い出した私は、しばらくしてこの世界が前世で亡くなるその日までプレイしていた乙女ゲームの世界であると気がついてしまった。 そしてなんと私、カタリナはそのゲームで、主人公をいじめ攻略対象との仲を邪魔する悪役令嬢であったのだ。 ゲームでの悪役令嬢カタリナの行く末は、身一つ ... ...
too-noy 2016-7-31 11:12
あんなに魅力的な二人がそう簡単に負けたりしないわよね!』 『そうよ、二人が簡単に負けっこないわ! 負けるとしたら、頭も魔力もしょぼいカタリナくらいよ!』『そうね。負けるとしたらカタリナくらいだわ。それなら、良かったわ』『そうね、良かったわ』『…………………ってちっともよくないでしょう!! カタリナが負けたらだめじゃないですか!! 破滅エンド一直線じゃないですか!』『本当だわ!? カタリナ負けたらだめだったわ!』『……確かに、負けたらだめでした……でも、皆さん。冷静に考えてみてください。頭がよくて魔力 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:12
そして、以前にクラスメイトがしていたように、お昼休み、皆の食事をしているテーブルにお菓子を置いて勧めた。  だけど……そのお菓子は、誰にも手をつけて貰えなかった。 お昼休みが終わり、皆が席に戻ってから、まるまる残ったお菓子をそっと鞄かばんにしまった。 放課後、皆が帰り一人になった教室で、鞄からそのお菓子をとり出して口に運んだ。 いつもは食べると元気がでるはずのお菓子だったのに……ポロポロと涙が溢れて止まらなかった。 そうして、お菓子を全部、自分で食べて家へ帰るとそのまま寝室で布団にくるまった。 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:06
「うっ、でも少しは少しはやっていたのよ!」 「それは、このほんの数行ちょこっと書かれている文字のこと?」「……すみません」「とにかく、姉さんの言葉なんかを鵜う呑のみにして信じていた僕にも責任はあるから……」 私の言葉なんかを……って義弟よ……。「とにかく、これから学園に戻るまで死ぬ気でやろう! 僕も手伝うから!」「……はい……」 こうして、私は学園に戻るまでの二日間、ほぼ徹夜で必死に宿題に取り組んだ。 眠くて朦もう朧ろうとする頭で、そういえば前世でもいつも夏休みの終わりはこうして宿題を徹夜でや ... ...
too-noy 2016-4-1 12:08
妬む気持ちを増幅させ、嫌がらせという行動に移そうにも……ないものを増幅させることはできない……結局、カタリナにはマリアへの嫌がらせをさせることができなかった。 そのため、作戦を変更せざるを得なくなり……。 結局、カタリナをよく思っていない令嬢たちの妬み、憎しみを増長させ、揃えた状況証拠を持たせ、カタリナを糾きゅう弾だんさせることが精一杯となってしまった。 そして、令嬢たちに事を起こさせる当日、彼女の頼もしいナイトである友人たちを遠ざけることで、最初こそ、少しはカタリナを追い詰めることができていた ... ...
too-noy 2016-4-1 12:06
むしろ、たっぷり寝たからかとてもすっきりした気分だ。 よって、私の正直な気持ちとしては。「別に、それほどひどいことされたようには思えないので」「……お前、自分のされたことを理解していないのか?」 おお、なんかちょっと馬ば鹿かにした感じの目で見られた。非常に心外だ。「いえ、ちゃんとわかっていますよ。闇の魔法で眠らされたんでしょう?」「その通りだ! それで僕はお前の命を奪うつもりだったんだ」 シリウスは険しい顔でそう言ったけど……。「う~ん。それは嘘うそですね」「……嘘だと……」 シリウスの顔がさら ... ...
too-noy 2016-3-31 12:59
333
too-noy 2016-3-31 12:58
33
too-noy 2016-3-31 12:58
111
too-noy 2016-3-31 12:57
111
too-noy 2014-9-23 20:33
111
查看全部
应用

现在还没有应用

最近访客

现在还没有访客

群组

现在还没有群组

QQ|小黑屋|手机版|Archiver|轻之国度

JS of wanmeiff.com and vcpic.com Please keep this copyright information, respect of, thank you!JS of wanmeiff.com and vcpic.com Please keep this copyright information, respect of, thank you!

  

GMT+8, 2017-10-19 11:31

Powered by Discuz! X3.3

© 2001-2017 Comsenz Inc.

返回顶部