注册(右键在新窗口打开) 登录
轻之国度 返回首页

too-noy的个人空间 https://www.lightnovel.cn/?319402 [收藏] [复制] [分享] [RSS]

统计信息

已有 1517 人来访过

    现在还没有相册

    现在还没有记录

  • 生日1994 年 6 月 1 日
  • 学历专科
  • 血型O

查看全部个人资料

    现在还没有动态

现在还没有日志

你需要登录后才可以留言 登录 | 注册(右键在新窗口打开)


too-noy 2016-7-31 11:21
※本作品の全部あるいは一部を無断で複製•転載•配信•送信•放送し たりホ^—ムぺ^~~ジ上に転載することを禁止します 本作品の内容を無断で改変、改ざん等を行ぅことも禁止します。 また、有償•無償にかかわらず本作品を第三者に譲渡することはできま せん。 ※本作品を示すサムネイル等のイメージ画像は、再ダウンロード時に予 告なく変更される場合があります。 ※本作品は縦書きでレイアウトされています。 また、ご覧になるリーデイングシステムにより、表示される文面•画面 に差異が生じる場合があります。 ※本作品を ... ...
too-noy 2016-7-31 11:15
プロ ローグ リリスと奴隸紋 ~~〜図書館司書の独白前編〜 魔女からの依頼 陽炎の塔 ~~〜図書館司書の独白後編〜 エピローグ 邪龍を討伐し、コーデリアと別れた俺とリリスは大陸北西部へとのび る大きな街道を歩いていた。 この街道は北西の港町と大陸内部を結んでいて、海路経由の交易品 や、あるいはサバやサーモンなんかの海産物の燻製などの運搬に使用さ れる。 したがって、道は整備されているし人通りも多い。 所々に宿場街や屋台なんかも出ているし、旅路には便利な事この上な 、o V ちなみに、港町なんかでは内 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:15
「……朴念仁」 顔全体を真っ赤に染める。 そして、一大決心をしたかのように、リリスはこう言った。 「.....奴隸紋……それをリユートとの絆にしたいから。好きにすれ ばいい私の全てを........リユ^—トの思うがままに.......」 俺とリリスの間に訪れる沈黙。 リリスは熱を帯びた艷っぽい湿った視線を俺に送ってくる。 しかし、俺はどうしていいか分からない。 見つめ合ぅ事数十秒。 遂に耐え切れなくなった俺はリリスに素直に疑問をぶつけてみた 「いや本当に意味わかんねーんだが」 そこでリリスはやれやれと肩をす ... ...
too-noy 2016-7-31 11:14
何やら決意を込めた瞳でリリスは俺をじつと見つめてくる。 見つめ合ぅ俺とリリス。 正直、リリスが何を言ってるのか分からない。 それに妙に艷っぽい視線で俺の方を見てるし、私達の未来とか言って るし……何なんだこいつは。 正直、反応に困る。 どぅしたもんか……と困っていたその時、背後の席から酔っ払いの声 が聞こえてきた。 「お前、知らないのかっ!?」 あまりにも大きな声だから思わず振り向いて確認しちまった。 見ると、酔っ払いのスキンヘッドの剣士と、長髪の魔術師が酒をあお りながらクダを巻いている ... ...
too-noy 2016-7-31 11:13
実際に右から左に説明は抜けていたのだろう。 「要は、俺らは半年も仕事を受けなければ登録も削除されるような底辺 中の底辺なんだよ」 「..それで?」 「俺らが受ける事ができるのはせいぜいがEランク難易度までだ。理由 としては危険過ぎるからって話で……そんでもって、上に上がるなら依 頼をこなして実績を積まないといけない」 「……なるほど」 「まあ、高ランク冒険者の付き添いの雑用みたいな名目であれば、パー ティーとしては依頼を受ける事はできるだろうけどな」 そこでリリスは閉口した。 「……Eランク級の ... ...
too-noy 2016-7-31 11:12
「..え?」 「ハァ?」 リリスと剣士が同時にすっとんきよぅな声をあげた。 「……リユート? 何を言っているのかサッパリ理解できない」 リリスの震えが強くなる。 まあ、前回はこの男にジャーマンスープレックスからのサッ力ーボー ルキックつていう、えげつないコンボを喰らつてたしな。 「いい力らいい力ら」 「……しかし」 「危なくなったら俺が助けてやるから...........安心して思いっきりやれ」 「......でも」 「いいから俺を信じろ」 その言葉でリリスは、小動物のょうに震えながらもコクリと頷いた。 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:12
私は横合いに蹴り飛ばされた形となり、マンテイコアの嚙みつき攻撃 を避ける寧ができた。 そして私の代わりに戦士の大男が、大楣を前面に押し出してマンティ コアの突進を受け止めていたのだ。 「..どういう事?」 仲間達は全員逃げ出したようで、リーダー格である彼がたった一人こ の場に残ったようだ。 マンティコアとの力比べを行いながら、決死の形相で大男が叫んだ。 「俺がお前等に偉そうにしてたのは俺が強いからだ……そして強さには 覚悟と責任が伴うっ!」 「..責任?」 「そうだ。弱者保護の責任があるんだよ。 ... ...
too-noy 2016-7-31 11:06
頷く私に導師は目を細めた。 「それで具体的には何が起こるんでしようか?」 「……それは己の目で確かめるのじやな」 「..?」 不満そうな私を見て導師は困ったように笑った。 「精神世界の有り様の話じやからな。人によって……試練……七大欲の 折伏の方法が異なるのじやよ。ここでヮシが何かを言えばコーデリア殿 に要らぬ混乱を与えるだけじや」 導師は暗闇の堂内を歩き回り、四隅に置かれている香炉を焚いてい 軽い麻薬成分の混じっているもので、瞑想によるトランス状態を促進 させるものという話だ。 「それじや ... ...
too-noy 2016-4-1 12:08
私は海鮮卸売市場を歩いていた。 何故かといぅと市場を抜けた先にある地方領主の館……その中庭で ちょっとした催し物が開かれるからだ。 リュートは『コーデリアとは会いたくない。あいつが魔法学院に入学 するまでは……俺はあいつとは極力関わらない』と言って、催し物の見 学にいかないつもりらしい。 まあ私としてはリュ^—トを奪おぅとする泥棒猫のチェックをしてお く必要がある。 将来的にコーデリアHオールストンは、間違いなく私の計画の最大の 障害になる。 「..邪魔はさせない」 そぅ。 私の壮大なる計画である ... ...
too-noy 2016-4-1 12:06
そしてエスリンが消えて、出現して、また消えて、出現して------------ 俺が全ての矢を放った後、エスリンは青ざめた表情でこう言った。 「あんた……喧嘩が上手だね? 今のは本当に危なかった」 クッソ……。 俺の放った矢の大部分は明後日の方角に飛んでいった。 そして、エスリンの出現座標にドンピシャに放たれたニ本の矢。 その内の一本はエスリンに手で掴まれ、そしてもう一本はギリギリの ところで皮膚をほんの少し掠めるに留まった。 「暄曄が上手……か。まあ、そうでなくちゃ村人でここまで来れちゃい ねえ」 「毒 ... ...
too-noy 2016-3-31 12:59
そしてエスリンが消えて、出現して、また消えて、出現して------------ 俺が全ての矢を放った後、エスリンは青ざめた表情でこう言った。 「あんた……喧嘩が上手だね? 今のは本当に危なかった」 クッソ……。 俺の放った矢の大部分は明後日の方角に飛んでいった。 そして、エスリンの出現座標にドンピシャに放たれたニ本の矢。 その内の一本はエスリンに手で掴まれ、そしてもう一本はギリギリの ところで皮膚をほんの少し掠めるに留まった。 「暄曄が上手……か。まあ、そうでなくちゃ村人でここまで来れちゃい ねえ」 「毒 ... ...
too-noy 2016-3-31 12:58
33
too-noy 2016-3-31 12:58
111
too-noy 2016-3-31 12:57
111
too-noy 2014-9-23 20:33
111
查看全部
应用

现在还没有应用

最近访客
群组

现在还没有群组

QQ|小黑屋|手机版|Archiver|轻之国度

JS of wanmeiff.com and vcpic.com Please keep this copyright information, respect of, thank you!JS of wanmeiff.com and vcpic.com Please keep this copyright information, respect of, thank you!

  

GMT+8, 2018-4-19 17:57

Powered by Discuz! X3.3

© 2001-2017 Comsenz Inc.

返回顶部